スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 猫ブログへ ←ぽちっとしていただけるととてもうれしいです。cocomoco
にほんブログ村

猫の脳障害?

大変にショックなことがありました。
うちのうーたんが脳障害らしいのです。

ちょうど1週間前の6月9日(木)になんとなくキョロキョロと見回す姿が
気になりました。その翌日の10日(金)にはトイレから出るときに転んで
しまったのです。でも、ご飯も食べるし元気もあるので様子を見ました。
日曜になって、やはり足元がふらつくので動物病院に連れて行きました。

結果は「脳障害の疑い」です。

実は火曜にも別の動物病院で診てもらったところ、結果はやはり脳障害の疑い。

現在は脳の血圧を下げる投薬中です。

動物病院の先生曰く、MRIやCTでの検査をすることになるけど
それらの検査はとても深く全身麻酔をするため、事前に血液検査等しても
検査中または検査後の死亡率が高いということと、検査の結果を見ても
猫の開頭手術を行っているところは通常は無いらしいです。
おそらく、あっても実験的要素が強いのかもしれませんね。

以前いたポンちゃんは慢性腎不全でした。
最後は医療の力で無理やり延命させていたようなところがありました。
最終的には獣医さんに「もう治療を続けるよりも自宅でゆっくりさせて
あげたらいかがですが?」と言われました。

あまりリアルに語りたくないくらい、腎不全の最後は残酷です。
猫本人の意識は既に無いのかもしれませんが、
飼い主にとっては大変に辛いものでした。


もちろん、今のうーたんはそこまで悪い症状ではないですし、
まだまだ彼の生命力や野生の力を信じています。

投薬で元にもどるケースもあるらしいです。


うちのうーたんが脳障害なんて、正直に言って
私はみとめません!!
(というか、認めたくないです)

脳障害の特徴として、目の焦点が合わなくなるらしいですが
うーたんにその症状はありません。
足元がふらつくのと首を傾げてしまうという症状だけです。

今私たちが出来ることとして、今までお気に入りだった押入れの隠れ家まで
転ばずに行き来できるようにスロープを作ってあげました。

でも、そのうちこれも必要無くなることを信じてます。

どなたか情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
ご教示下さいますようお願いいたします。<(_ _)>

にほんブログ村 猫ブログへ ←ぽちっとしていただけるととてもうれしいです。cocomoco
にほんブログ村

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ここもこちゃん

Author:ここもこちゃん
エリア:東京
分 野:ねこ関係、趣味系
    まち系

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
おすすめ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。